頭皮ケア・育毛剤の正しい使用方法

育毛剤の誤った使用方法によるかゆみ

育毛剤は正しく使うための用法用量が記載されていますが、これを守らずに使えば頭皮や髪に過剰な刺激を与えることになり、正しく使用することではあり得ない「かゆみ」を発症することがあります。
より高い育毛効果を期待して、育毛剤や発毛剤を一日の決められた使用回数以上に何度も使用したり、内容量があるからといって必要以上に沢山塗ったりすることは、低刺激の成分で構成されていく育毛剤においても、地肌に悪影響を与える「かゆみ」が出る可能性があります。
用法用量を守った使い方をしていない場合は、直ぐに正しい使用方法に改善しましょう。

誤った頭皮ケア

育毛剤の正しい薬用成分や成分効果を得るには、頭皮環境を整えることも重要になってきます。
頭皮環境が悪い状態で育毛剤を使用することで、正しい育毛効果を得られないばかりか、「かゆみ」や脱毛の原因になることもあります。

シャンプー・マッサージの際の注意点

シャンプーを毎日しないことや、シャンプーのすすぎが不十分で頭皮や髪の毛にシャンプー成分が残った状態で育毛剤を使用することも良くありません。雑菌の繁殖が「かゆみ」の原因の可能性があります。
当たり前のことですが、シャンプーのすすぎを十分行い、ドライヤーで乾燥させた清潔な状態で育毛剤を使用することで「かゆみ」の改善が出来るかもしれません。
シャンプーの際に爪で頭皮を強くゴシゴシしていませんか。
頭皮がダメージを受けた状態で育毛剤を使用すれば、頭皮に過剰な悪影響を与えることになります。
地肌が特別弱くなくても、傷んだ頭皮に育毛剤を使用することで「かゆみ」が出ることも考えられます。
シャンプーや頭皮をマッサージする際は、抜け毛も増えないように余り力を加えず、指で優しくするように心掛けましょう。

かゆみの改善

育毛剤や発毛剤を正しい環境や正しい方法で使用しても「かゆみ」の改善が出来ない場合は、使用している育毛剤、発毛剤を中止して様子を見ましょう。肌に合わない場合は育毛剤の変更や、専門医に相談するか判断しましょう。他にも注意する点として、育毛剤を使い始めた時に、シャンプーやヘアケア用品を替えたのであれば、育毛剤以外に「かゆみ」の原因があるかもしれません。
また、育毛剤以外でもヘアケア用品の頭皮ケア成分を調べてみると、「かゆみ」の原因成分が含まれている可能性があります。
育毛剤は数か月単位でドンドン進化しており、現在発売されている製品も低刺激で、無添加、アルコール不使用の製品も増えて、更に育毛効果も向上していますので自分にあったものを探してみましょう。
また、育毛は頭皮につける外用薬タイプのものではなく、サプリ等の内服薬のタイプの育毛剤に切り替えることで「かゆみ」もなく育毛効果が上がることもありますので、「かゆみ」の気になる方はサプリも検討してみてはいかがでしょうか。