カテゴリー別アーカイブ: 基礎知識

育毛剤の使用で発生する「かゆみ」の原因は

育毛剤を使用していると、「かゆみ」が発生することがあります。
その原因とは大きく3つ考えられ、

  1. 育毛剤や発毛剤の副作用や配合成分の刺激によるもの
  2. 育毛剤の誤った使用方法や使用量のよるもの
  3. 誤った頭皮ケアで頭皮環境が悪化し、育毛剤の刺激が過剰になり引きおこるもの

が考えられます。

育毛剤や発毛剤の副作用や配合成分の刺激とは

多くの育毛剤や発毛剤は、品質を保持する成分や、育毛や発毛を促す為に血行促進作用のある成分が含まれており、その成分の中に「かゆみ」の原因となる成分があります。
育毛、発毛成分で、使用すると「かゆみ」が発症する可能性のあるといわれている、公式サイト等で注意されているもの、口コミ等でよく見かけるものを紹介します。

発毛効果の高いミノキシジル

ミノキシジルという成分は、高い発毛効果があるとして壮年性脱毛症等に有効で、発毛治療薬や医薬品の発毛剤に有効成分として含まれていますが、副作用として「かゆみ」を伴う可能性があります。

血行促進効果のある塩化カリプロニウム

塩化カリプロニウムという成分が毛母細胞に働きかけ、血行促進、発毛促進の効果があり、壮年性脱毛症やびまん性脱毛症等に有効で、医薬品に含まれているものがありますが、「かゆみ」を伴う可能性があります。

防腐剤や消毒効果のあるエタノール

エタノールとは、アルコール成分で商品の使用期限を延ばす目的や、消毒効果があり多くの育毛剤に配合されています。
比較的安価な成分の為、低価格の市販品育毛剤には低価格維持の目的や、保存料無添加と記載されていても、保存料代わりに大量のエタノールが含まれているものがあります。
アルコールの刺激や頭皮の乾燥効果から、地肌の弱い人は「かゆみ」伴う可能性があります。

添加物や紫外線吸収剤による刺激

香料や着色料等の添加物、紫外線吸収剤等も「かゆみ」の原因になることがあります。
市販の育毛剤で低価格なものは、男性用だけでなく女性用でも添加物が含まれているものが多い傾向にあります。
使用している育毛剤に、香料や着色料、紫外線吸収剤等が含まれている場合、敏感肌の人は刺激により「かゆみ」が出る可能性があります。

かゆみによる副作用

勿論、これらの副作用の出る可能性のある商品が、全ての人に「かゆみ」の症状が表れる訳ではありません。
育毛や発毛効果の優れた製品も多く、「かゆみ」や副作用の症状が出ない人の割合の方が多い訳です。
育毛剤を使う前から「副作用や刺激の出る可能性があるから」と敬遠するのではなく、まったく異常がなく、高い育毛効果を得られる場合も多いので使ってから判断してみることをおすすめします。

返金保証を利用

医薬品として薬局で購入できるものは、店頭での相談、他の商品と成分や配合量を比較するのもいいでしょう。
通販で購入できる育毛剤は、ほとんどが購入から一か月位の期間は返金保証対応をしていますが、まずは公式サイト等の対応窓口で相談してみましょう。
それでも「かゆみ」を発症してしまった場合には、直ちに育毛剤の使用を中止して様子を見ようにして、症状の収まらない場合は、炎症を起こす前に医療機関で診察を受けましょう。